投資は過去どの時代よりも自由

投資が自由に行える根底には、資本主義経済や国民の自由が保証されていたり、投資に価値や魅力がある事が存在します。
また、投資は企業だけではなく、国家にも恩恵があるので、自由な投資を後押しする国は投資環境が整備されています。
日本は海外に比べるとやや遅れていましたが、それは既に過去の状況で、現在は他国と同じくらい自由な投資が行える国です。
過去では、投資出来る銘柄が限定されていたり、自由な投資が行えるといっても、実質的には限られていました。
しかし、低額でも購入出来る銘柄が増えたり、少数の購入でも株保有が行える様に変化しているので、正に日本は自由度が高まっているといえます。
過去の問題は、自由を標榜していながら制限が残っていたり、選択肢がある様でも実際は限られている事が問題でした。
ただ、過去は既に大きく過ぎ去っているので、今の状況は過去のどの時代よりも自由と実感する事が出来ます。
過去から学ぶ事は大切ですし、これからも突き詰める事は必要ですが、現状で活かせる利点を活用する事も一つの方法です。
少額でも始められる選択肢は、実質的に別け隔てなく誰でも受け入れているので、後は利益を得る為にリスクが選べるかで決まります。
生まれ持った家柄や経済が人生を決める事は過去にあった問題ですが、その問題は過去に捨てられているので、思い悩んだり苦しむ必要性は全くありません。
利益を得たいのであれば、リスクを取る必要はあるものの、昔の制限や経済の不平等さに比べれば大分有利になっています。
大切なのは、今を理解して経済を学んだり、資産形成の為に努力やリスクの投入を惜しまない事です。
運ではなく実力で決まる時代なので、経済を知り選択を繰り返す事、これが資産を増やし安定を得る鍵になります。